男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 定番・無難な基本コーディネート例

男性が就活をする際に知っておきたい服装マナー

就職をするためには就活はとても大切です。もちろん転職をする場合でも同じですね。

では、服装に関してはどのようなマナーがあるのでしょうか。

人は出会って数秒で印象が決まってしまうと言うので服装マナーが合否に関係するという事はあると思います。なので服装マナーの大切なポイントについては必ず押さえておいてください。

スーツでビシっと!

面接の際は基本的にスーツとなります。

この時に必ずチェックしておくべき点は「シワが出来ていないか」です。ワイシャツとスーツのシワはアイロンをきちんとかけるようにしましょう。

どうしても同じスーツを着ているとシワが出来るのは避けられませんよね。ですので保管をする際にハンガーへかけるという事も忘れてはいけません。

色も大学生ならリクルートスーツの黒、転職なら業界に合わせてネイビー系やグレー系でもいけるでしょう。

同じ雰囲気になるので清潔感で差が出やすい

そして、常に清潔なものを着ると心がけてください。

袖口や襟部分は汚れやすいものです。汚れたら必ず洗濯をして綺麗にしておく事が必要ですね。清潔感のない人はだらしない人という印象を受けてしまいますのでこの部分もしっかりとチェックしましょう。

特に就活シーンは同じような服装になるので、清潔感がないとかなり目立ってしまいます。もちろん悪い意味で。

シャツは白が基本

では、ワイシャツの色は何色をセレクトすると良いでしょう。

こちらは無難に白を選べば問題ありません。濃い色のワイシャツはおしゃれに感じるのですが面接にはふさわしくないので避けてください。

ネクタイに関してもあまりにも個性的なものはふさわしくありませんね。

キャラ物のネクタイなんかもありますがまるで遊びに来ているように感じられますので柄はストライプやドット等あまり派手ではないものを選んでください。ワイシャツの色と合わせれば簡単にコーディネイト出来ると思います。

靴下はダークカラーで

最後に靴下ですが、実は面接の場合白いソックスではなくダークカラーを履くという決まりがあります。

靴の色もダークカラーにして合わせると良いでしょう。黒か茶色がベストだと思います。こちらも派手な色や柄は避けてくださいね。

以上が基本的な面接時の服装マナーとなります。

やはり、面接という場に相応しく派手すぎずあまり個性を出しすぎない、真面目な印象を与えるスーツが1番という事ですね。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料