男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 定番・無難な基本コーディネート例

結婚式披露宴での男性の服装マナー~+ちょっとしたオシャレのコツ

結婚イメージ

男性は、結婚式の披露宴に出席する際にスーツ着用が一般的です。

男性の披露宴での服装はおさえるべき部分はしっかりとおさえるというのがマナーとなります。

ブラックスーツとシルバーネクタイが定番

友人という立場の場合、定番なのがブラックスーツにシルバータイです。ブラックスーツというのは上下ともに黒色をしたスーツの事です。

靴下ですがブラックスーツの場合全身が黒ですので、黒が基本となります。

最近はおしゃれ系も許される

最近では男性でもおしゃれを取り入れたファッションをしたいという意見が多いですよね。

結婚式の服装におしゃれを取り入れたいのならシャツの色を変えてみるのがおすすめです。

しかし、色についてはシックなものを選びましょう。黄色やオレンジなどの派手な色は浮いてしまう事があります。

ストライプスーツも大丈夫

また、スーツにストライプスーツを選ぶというのも良いかと思います。

ストライプは個性の主張をするのに向いているのでおしゃれが好きという男性にとっては嬉しいですね。ストライプについて注意すべき点はカラーシャツ同様、色です。

やはり、すべてにおいてあまり派手な色は避け、シックな色合いを心がけるようにしてください。基本的に新郎が主役ですので新郎よりも目立たないというのはマナーとなります。

女性も同じですがこのマナーは基本中の基本ですので特に気をつけなくてはいけません。ストライプを選んだ場合はあまりストライプ柄が太いものでない方が無難です。

目立ちすぎなければおしゃれにしてみよう

最近では、「もっとおしゃれにしたい、個性を出したい」と考える方もいらっしゃるようです。

しかし上記に記しました通り新郎よりも目立ってしまうのはマナー違反ですので作法としてきちんとなりたつ服装を心がけましょう。

夫婦で統一感あるおしゃれも

それから、披露宴に夫婦で出席するという事もあるかと思います。夫婦で出席する場合には、色が同じなど共通点のあるものをセレクトすると良いでしょう。2人の格を合わせるという部分もポイントです。

同じブランドで合わせてみるのもおしゃれですよね。特別にこうしなさいと決まりはないのですが上記のような事で素敵な夫婦に見せるポイントとなります。

どうしても服が選べない、苦手!という人は、早い目にスタイリストサービスなどで自分に似合う服を選んでおきましょう

男性専門パーソナルスタイリスト

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料