男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 定番・無難な基本コーディネート例

人に不快感を与えないクールビズのマナー

男性のクールビズは話題となっていますがどのようなスタイルがクールビズスタイルというのでしょうか。
基本的にジャケットの着用をしない、ネクタイをしないなど少しでも涼しい服装をするのがクールビズです。

こうして一般的な定義を見てみると簡単なように思われるでしょうが実は難しい部分もあるのがクールビズの特徴でもあります。
なぜなら、ビジネスの場において相応しい格好をしなければいけませんし相手に好印象を与えなければいけませんよね。

特に営業をしている方は第一印象に気を使うのではないでしょうか。
「数秒で人の印象は決まるというので当たり前」の話だと思います。

では、人に不快感を抱かせないようなクールビズのスタイルとマナーについて少し説明させていただきます。
まず、簡単に出来る方法としてシャツのボタンを外すというものがあります。
風通しが良くなるのでこれだけでも簡単なクールビズと呼べるんですね。

ネイビーカラーで上品さをフォローする

シャツのボタンは第一ボタンだけを外すようにしてください。
これはビジネスのばにおいてマナーとなりますから気を付けましょう。

それからノーネクタイも男性のクールビズにおいては基本です。
ネクタイがなくてもおしゃれに見せるにはカラー、特に「ネイビー」を取り入れる事をおすすめします。
ネイビーには落ち着いた雰囲気もあり大人らしさを演出する事が出来るのです。

イギリスなど海外のフォーマルな人物のスーツもネイビーカラー、紺色です。つまりネイビーは公式に耐える色ということです。

例えばボタンをネイビーにするだけでガラリと印象が変わりますよね。
やはりビジネスの場においても人と人ですからおしゃれに気を使う事で相手に好印象を与える事が出来るのです。

シャツではなく、ポロシャツの方が涼しいからクールビズにポロシャツを取り入れている方が多くいらっしゃいますが、ポロシャツをだらしなく着ないように注意してください。
だらしない服装は相手に不快感を与えます。

ポロシャツ着用の際、1番に気を付けておきたいのがサイズです。サイズの大きなポロシャツはとてもだらしない印象を与えてしまいます。
次にぴったりしすぎているものも避けた方が良いでしょう。ポロシャツはジャストサイズを選べば問題ないという事ですね。
ビジネスでのポロシャツは特にジャストサイズでないと思いっきり普段着に見えます。他のスタイル以上にジャストサイズが求められるので注意を。当然、下のスラックス、パンツもジャストを。

つまりある程度の体型でないと難しいとも言えます。体型がふくよかな人は、細身の人ほどジャストサイズでいかないほうがいいです。ほんの少し、微妙なゆとりはあったほうがいいです。
やや太り気味の人のジャストフィットは、ただ単にサイズが小さいと勘違いされるからです。

クールビズはサイズ感で涼しさを出しているということもお忘れなく。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料