男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 定番・無難な基本コーディネート例

怒られない男性の無難なカジュアルデーの服装スタイル

ジャケット・シャツ

カジュアルデーとは、スーツ姿での出勤を週に1度はお休みしてその日だけは自由な服装で出勤を認めるという日です。

日本では金曜日をカジュアルデーとする場合が多く、「カジュアルフライデー」などと呼ばれています。

このカジュアルデーの際にどのような服装をする事が相応しいのか、悩む方も多いそうです。

なぜならカジュアルといってもTPOに合わせたカジュアル服を考えるのが難しいという意見がとても多いんです。それでは、カジュアルデーにはどのような服装をすると良いのでしょうか。

濃い色のジャケットなら間違いなし

まず、基本的にジャケットを着ると問題ないでしょう。

色に関してはベージュ等の明るい色も人気があるのですが色が明るければそれだけ汚れが目立つので注意が必要です。

反対に色の濃いものであれば汚れても目立ちませんしおすすめだと思います。いくら自由とはいえ会社なのでシンプルな形で色も個性を主張しすぎない、派手でないものを選んでください。

Tシャツは禁止の場合あり

シャツの場合、出来るだけTシャツは避けましょう。会社によっては禁止している場合もあるようです。

襟元がピシッとしているものであればポロシャツをセレクトするのが良いかと思います。サイズに関しては、身体にフィットしたものが良いでしょう。

なぜならあまり大きなサイズですとダボダボして見えて会社に着ていくにはふさわしくないからです。ジャケットにポロシャツの組み合わせはカジュアルデーに着ていく際とても人気があります。

ジーンズはダメなことが多い

パンツですがジーンズは、これもまた会社にはふさわしくないと思います。ノークラッシュ、色落ちなしのキレイめ濃い色のデニムなら、会社によりけりでいけるでしょう。

ですので基本的にはコットンパンツ等を選ぶと良いでしょう。コットンパンツにはカジュアルなものもありますしシックなものもありますのでジャケットやポロシャツと合わせてコーディネイトしてみてください。

靴は革靴で。スニーカーは無理でしょう

靴に関してもスニーカーやサンダルは会社に履いていく靴という感じではありませんよね。ですから基本的に革靴をセレクトしてください。

デザインに関しては洋服に合ったものを選ぶようにしましょう。ここでも出来るだけシンプルで派手ではない物でなくてはいけません。

基本的に会社に着ていくのですからシンプルで派手すぎないという点は守るようにしてください。

モデルさん着用のジャケット・シャツ

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料