男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 服を買うコツ

体型が特殊なら必ずネットで下調べしてからお店に行くこと

なかなか自分の体型に合うサイズやスタイルの服が見つからない場合、やみくもにお店を巡るのはおすすめできません。

とにかく疲れるし、見つからなかった場合の精神的ダメージが大きくて次からは諦めてしまいます。それと何店舗もめぐっていくと何か一つは買って帰りたいと思ってしまいます。その妥協というかこだわりが、結局合わないサイズの服を買ってしまい、家に帰ってから後悔することになります。

雑誌とインターネットで調べてから行く

私はまず、自分の体型に近い人がモデルとなっているファッション雑誌を見て、合いそうなサイズや作りの店をピックアップします。

そしてそのブランド名でネット検索します。

オフィシャル公式サイトでは店舗が近所にあるかどうか分かります。ある場合はそのお店に実際に行くことを考えます。遠ければとりあえず記憶しておいて、ネットショッピングやヤフーオークションでの購入に回します。

ブランドによりけりで楽天などの総合ショッピングサイト、独立系のファッションサイトで扱われていることがあります。ZOZOTOWNとかです。

ZOZOTOWNではモデルが実際に着ている画像が見れるので、このブランドの作りやサイズがよく分かります。着ているモデルさんは華奢な感じの今時の若者体型なのですが、モデルの3サイズや着ている服のフィット感を見れば、自分にいけそうかどうかの想像も大体つきます。合うかどうかを判断するより、このブランドはダメだわ、と着れないブランドであるかどうかを決めていきます。もうスパッと判断して切り捨てます。ここは見た感じと直感を重視します。

価格も調べる

当然どれくらいの値段で売られているブランドなのか調べておきます。ある程度の予想がついていないとお店にいったときにあたふたします。値札を見るのを恥ずかしがる、もしくはそうならざるを得ない雰囲気のお店だと、気になって正確な判断ができなくなります。

どの程度のレベルのお店なのか知っておくと、サイズ選び、フィット感選びに集中できます。

不安・疑問を取り除いて来店すると失敗しない

雑誌から候補をあげる。ネットで絞り込む。お店に行って試着。これが私の服の探し方です。

もちろん雑誌からいきなりお店に行くのは一番手っ取り早いです。しかし、なかなか自分の体型に合うサイズ、作りの服ブランドがない人の場合は、とにかく服探しに疲れるんです。無茶苦茶。

本当に自分に合うかな?お店はどんな雰囲気?価格帯は?雑誌以外の商品展開は?

こうういったいろんな不安・疑問をお店に行く前にできるだけ取り除いておく。これだけで冷静に疲れずに服選びができるようになります。サイズ感を重要視する服選びの場合、とにかく妥協や焦りは禁物。下調べがないとこの2つにやられて合わないゴミ服を買う確率が高くなると思います。

自分の体型はなかなかぴったりくる服がない、お店がない。それなら行くお店は絞り込んで、ここなら合うだろうという自信を持っていくと余裕が出て失敗しにくいですよ。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料