男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 小物選びの知識・コツ

ビジネスマン、ベルトの選び方

男性のビジネスウェアの中で大切なのはスーツだけではありません。
ワイシャツ、ネクタイ、ベルトをバランス良く選ぶ事もとても大切ですよね。
今回は、その中でもベルトについて詳しく書いていこうと思います。

スーツの場合、シャツはパンツの中に入れるのがマナーですから、この時どうしてもベルトが見えてしまう事になります。
それなのに、スーツにはこだりがあるけれどベルトに関してはこだわりがないという方が結構いらっしゃるんです。

ただ、スーツはこだわっておしゃれにしているのに「ベルトだけは何でも良い」ではカッコ良い着こなしをする事も難しいでしょう。
やはり、かっこいいビジネスマンになるには全体的なバランスにもこだわりたいですね。

逆にそんなに良いスーツでなくても、ベルトがいいものを選べているとそれだけで結構見栄えが良くなります。男のおしゃれは小物にこだわる!というのはこういうことなのでしょう。

色は黒と茶が基本で靴と合わせる

基本的にベルトの色は派手なものは避けてください。この辺はビジネスマンなら常識かもしれませんね。

靴の色と同系色をセレクトするとバランスがとれますし、派手な色も避ける事が出来るのでおすすめです。特に靴と色を合わせるのは絶対必要事項なので知らなかったじゃ済まされませんよ。

靴と同じ数かそれ以上揃える

さらに、ベルトは出来るだけ何個か持っておくと良いでしょう。なぜならスーツや靴も1着だけしか持っていない、という方は少ないですよね。

所持しているベルトのバリエーションが豊かならどんなスーツ、靴にも合うベルトをセレクト出来ます。それに、靴と同系色を合わせるのにベルトが1個というのはどう考えても少しおかしくもありますよね。

バックルは四角、ゴテゴテしていないものを選ぶ

ベルトのデザインですが、こちらも派手なデザインは避けましょう。
やはりビジネスシーンに合わせてシンプルな物を選ぶのがマナーですよね。

ベルト売り場に行けばたくさんのデザインがあるのも魅力の1つですから楽しんで選べると良いですね。
最近では、通販を見てみるととても安くいろいろな種類のベルトがありますから活用してみるのもおすすめです。

ベルトは一番目立つバックルで雰囲気が決まりますが、基本は四角でベルトの幅に沿った大きさのものを選びます。大きなものはカジュアル感が出るので使いづらいです。

当然スタッズベルトなどの装飾があるものは使えません。編み込み素材のベルトはビジネスでも使えます。ただ固い雰囲気のところでは避けたほうがいいかも。

幅は3cmくらいまでがベスト。それ以上太いとパンツのベルトループに通りにくいし、スーツのすきっとした印象に合いづらいですね。細すぎるのも難易度が高いですが、太すぎるよりはいいでしょう。

ビジネス用には1万円以上が無難

価格帯はデパート系なら大体1万円くらいのものがずらっと並んでいます。大体これくらいなら恥ずかしくはないでしょう。カーフ素材の上質なベルトならツヤもありさりげない大人の男のおしゃれができます。

2,3千円のベルトでも使い込むまでは特に問題はありませんが、長い間使っていくとツヤが不自然にあるものやビニールっぽく見えるものがあります。いい革は使い込むと味が出てくるのですが、安いものは傷みとなって出てきます。

カジュアルの普段着であれば全然その価格帯でも問題ないのですが、みんなほとんど同じ姿となるスーツ姿の場合、このベルトの質感一つが意外なほどに印象を変えてしまうのです。

ビジネス靴でそこそここだわる人は2~3万円代のものを買うことが多いですが、それだとベルトも1万円くらいのものを買っておかないと雰囲気のバランスが取れませんね。

特に安いベルトと1万円以上のベルトは見た目の質感が違うだけでなく、腰に締めたときの馴染みが違います。安いものほど点で締まる感じがあるのですが、いいものは円で締めてくれます。

結果、安いベルトは点で締める分、その部分にシワがいき色ハゲとなり余計にチープな感じになってしまいやすいのです。この点も参考にしてくださいね。

個性を出そうとして目立ってはダメ

ちなみに、営業の方に関してはブランドの分かりやすいベルトがおすすめです。
なぜなら、ベルトの事で話が弾むなんて事もあるんですね。ネタが出来るというのは営業マンにとってとても助かるのではないでしょうか。

だからといってドルチェ・アンド・ガッバーナやルイヴィトンのロゴがバックルになったようなものは笑えませんよ。ネタを通りすぎてしまいますので(笑)

スーツ姿もちょっとおしゃれしてみたい、という気持ちは、あくまでベルトを目立たさせずに本当にさり気なく個性的なものを、上質な素材のものを選ぶべきです。

男のおしゃれは、おしゃれしていますよ!と主張しているのがバレたらダメ。特にビジネスの現場ではあなた自身が仕事をするべきなのに、ベルトが個性を出すという仕事をしていてはいけないのですから。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料