男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 服選びの知識・コツ

女性が旦那・主人・彼氏の服を選ぶには?

放っておくとどんな服を買って着るか分からない男性はかなり多くいます。

いわゆる自分で服を選べない男性なのですが、リンク先のようにパートナーである女性が男性の服を購入しているのが目立ちます。

その女性とは、奥さん・妻・彼女…愛人も?であるのですが、女性が男性の服を選ぶのに難しい面もあります。

女性目線過ぎると旦那・彼氏が着てくれない

女性と男性のファッションは違うものです。共通事項はあっても、全て一致していません。

女性は色を多く使ったり、小物を上手にあしらい、重ね着も軽やかにこなす傾向がありますが、男性の多くはカラーも服もシンプルで構成点数が少なくなることが多くなります。

本当におしゃれな人はこの要素をうまくまとめてくるので、見たらすごいあの人おしゃれ!でもやり過ぎてない感じがあって好感度アップ!!なのですが、服に関心がない、センスが悪いご主人や彼氏に、こういったオシャレ人間スタイルを強要すると大体拒否されます。

ものには順序があります。目標とするべきは、奥さんや彼氏が家にいないときでも、自分でちゃんとコーディネートして出かけてくれることです。

いきなりオシャレボーイに仕立てあげようとしては、男は女に操作されている感じになり、きせかえ人形のような嫌悪感を持ってしまいます。一度こうなると、「もうお前の選んだ服は着ない!」なんて意固地になってしまい危険です。

欲張らないようにしましょう。まずは、シンプル目で整えていきましょう。

サイズ感やディテールが合えば何とかなる

単純明快に、男の服ってどんなのがいいの?ってことでどんな服を、どこで、どんなブランド、ショップで買えばいいのか分からない…という悩みです。

セレクトショップでは女性が男性物の服を選んでいることは珍しくなく、男性店員にいろいろ聞いて選んでいる様子をよく見かけます。つまり男性目線をちゃんと考慮しているんですよね。賢いと思います。

選ぶべき服は、世間一般でダサくないのは当然、ベタベタにド定番でなく、流行・トレンドを取り入れている服、かつあまり価格が高くないものがベストだと思います。

ベタベタにド定番というと、ユニクロやスーパー系、デパートのまさしくお固い紳士モノ系です。ユニクロは悪くないのですが、アウター類はユニクロと分かりやすいのでとりあえず避けたほうが無難です。

流行・トレンドというのは、今年はピーコートが流行っている、スキニーデニムが流行っている、昔流行ったダボッとしたシャツがリバイバルブームだ!という点ではありません。

ここで言う流行・トレンドは、サイズ感やディテールといった点です。

大量販売系はゆったり目のサイズ感が多いから

例えば、ピーコートなんかは最近短丈がカジュアルファッションでは受けています。お尻が隠し切れない感じの。なおかつ腰の部分が絞ってあり、以前のようなゴワゴワした分厚い印象がないものです。

昔はスーツにしても肩パッドが入っていてダボッとしたものが「かっこいい」時代がありましたよね?TVの昔の映像を見ると「何だあれは?」と思うぐらい今思えばダサいんです。

このように服のサイズ感・ディテールは時代によって変わります。この流れを抑えておくだけで、男性のファッションはそれなりに決まります。逆にここを外すと、あとをどうやっても締まりません。

この流行のサイズ感・ディテールは大量販売するユニクロやスーパー系、格安アパレルブランドでは、大外しではないもののややズレていることが多いです。

というのも、数を売って稼ぐタイプのアパレルブランドは、なるべく多くの人が「着ることができる」サイズ展開、作りで製造するからです。そのためどうしても「ゆとり」をもたせています。そのため、そこそこのブランドやショップの服のようにジャストフィットする機会が少なくなります。

ただ時代錯誤なデザインとまでいかず、それなりにフィットしているから「着れている」ということになっています。

それが悪いわけでもないのですが、旦那や彼氏にかっこ良くなってもらいたいと思えば、一番肝となるこのサイズ感・ディテールにこだわるのがおすすめです。

フィットしているかどうかだけでダサいかどうか決まることもあるんです。

どうやって買いに行くか?

一番いいのは二人でデートも兼ねてお買い物しに行くのがいいのですが、服に興味が無い、服を買いに行くのが恥ずかしい旦那や彼氏の場合、彼女や妻に店員さんの前で服を選んでもらうのに抵抗感、恥ずかしさがあることでしょう。

だから最初は奥さん・彼女がエイヤッと選んで買ってきて着せたほうがいいかもしれません。

いくら服に関心がない、苦手という男性でも、似合うファッションをするのが嫌なわけではありません。ただ苦手、食わず嫌いなだけです。

一度ちゃんとしたファッションコーディネートをして、その自分の姿を鏡で見れば、おそらくニタっと笑っているはずです。これをきっかけに服に関心を持ち出す人も多いですし、その服であれば今まで外出を渋っていた旦那・彼氏が、自ら出かけようと言い出すことでしょう。

どこで買うか?

奥さんや彼女が男性パートナーの服を買う場合、今旦那や彼氏が着ている服のサイズをよく見ておきましょう。大体オーバーサイズ気味か、作りがダボッとしたものが多いでしょう。そこから適切なサイズを割り出します。

実際の体のサイズが測れるなら測っておいたほうがいいでしょう。ネットで買うときは参考になります。

本人がお店に行かない限りどうしても試着ができないので、買う服はあまり高過ぎないものから初めましょう。失敗しても財布が痛くない程度に。まあ、体型が似ていたら男性物でも女性が着ることができるものはありますしね。

ネット通販だと最近は返品交換ができるところがすごい増えました。昔は絶対ダメだったので、ネットで服を買うとか難しかったんですけどね。

だから最初はネットで購入するのがいいと思います。もちろん返品交換できるところで。

ネットだとモデルさんの体型が書いていることもあるので、旦那や彼氏が着た場合の想像もしやすいでしょう。

旦那・彼氏の改造計画がんばってみませんか?

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料