男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 小物を使った着こなし例

バックルを強調したベルトの着こなし

今回はバックルベルトを使ったワイルドな印象に見える着こなしを紹介していきたいと思います。

おすすめなベルトは、バックルがついているベルトです。
バックルは、説明しづらいですが、ベルト調整の穴が開いていないほうの留め金の金属の部分だと言えば分かりやすいかもしれません。
バックルの中でもその留め金が大きくて、色んな形をしたものや、色んなデザインのものが出回っています。
古着のバックルもあるので、かなり種類も多いと思いますので、気に入ったものが見つかると思います。

色んな種類があるバックルの中でも大きなものを選ぶとよりワイルドな印象になりおすすめです。
中には、ライオンの形をしたバックルや、ドクロのいかついデザインの物も出回っています。

ブランドでいえば、DIESELのベルトは、バックルつきのものがあり、ブランド自体もワイルドな印象のブランドなのでおすすめです。
価格は1万円~で手に入ります。毎シーズン様々な形、色が出るので、服を見るついでにチェックしておくと気に入るのが見つかるはずです。

バックルを止めてベルトをななめにつけてみてもワイルドですし、オシャレに見えますしおすすめです。

バックルの大きさには注意

ベルト以外の着こなしとしては、夏場であればTシャツ、そしてジーンズを履いて、革靴などでワイルドな印象になると思います。
Tシャツをバックルの上にのせるようにしておくとオシャレに見えてワイルドに見えるのでおすすめです。

ただバックルの大きさには注意が必要です。

夏場はシンプルな服装のため、バックルでワンポイントを強調するのはいい着こなしですが、細身のかなり華奢な人があまり大きなバックルベルトを付けるとアンバランスになります。ほどほどの大きさに留めてください。

上記の場合でも、大きめのバックルの場合、靴もゴツゴツしたものだとバランスが取りやすくなります。腰回りだけインパクトがあって浮いてしまうところを、足元にもインパクトを持ってきてバランスが取れるからです。

きれい目との合わせ方には靴がポイント

またワイルドさが出るため、ベルト以外が完全にきれいめ系だと合わせるのが難しくなります。ほどほどのバックルであれば特に問題なくコーディネートできます。

大きめのバックルでワイルドさがかなり強い場合は、靴もワイルド系にすると、腰と足だけワイルド、あとはきれい目、という無難一辺倒のファッションから一歩脱却できます。

このように足元とベルトは重要な関係にあります。色を合わせるという基本知識と同じく、ワイルドやきれい目といった雰囲気、スタイルも合わせると格好良くなります。

バックルには本当にたくさんの種類のものがあり、他に人とかぶりにくいということもバックルベルトの魅力の一つです。
自分が気に入ったバックルベルトをつけて、ワイルドなオシャレを楽しみましょう。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料