男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 小物を使った着こなし例

ジーンズに似合うウエスタンベルトを使う着こなし

バイクと言えばアメリカン、アメリカンと言えばウエスタン。ルーツを辿れば辿るほどになぜ今そうなったかというのがわかります。歴史があるから納得するんです。

ウエスタンスタイルに欠かせないブーツ・ジーンズ・ハット・ベルトも、昔から一つのコーディネートとして確立していたからこそ全てがバランスの取れたコーディネートなんです。

ウエスタンベルトと言えばジーンズ、ジーンズと言えばウエスタンベルト!やはりこの組み合わせもルーツがあるものなので合わないわけがありません。

革製のベルトに大型のバックル、スタッズや刺繍などが特徴のオシャレでカッコイイベルトです。ベルトのなかでも一番細工や質にこだわったものと言えるのではないでしょうか?

ベルトの裏側や細工の一つ一つにまでこだわっているウエスタンベルトはコーディネートするときには一番のアクセントとなるくらいですから。

薄着になる季節は特にベルトが映えるのでシャツをジーンズに入れてウエスタンベルトをアピールしましょう。

初心者向けはシンプル目の幅の狭い短めウエスタンベルトです。シャツをジーンズに入れなくても、短めの丈のものを選んでおけばウエスタンベルトは存在感抜群ですからきちんとアクセントとなります。デニムもハーフや短めの丈のものでもいいので、シューズだけはカジュアルブーツか革靴を履いておけばばっちりきまります。

誰にでも合わせやすい着こなしは、トップスの丈を少しベルトに引っ掛けて、さりげなくベルト、バックルを見せるのが基本。出すぎてもダメ、見えていなっくてもダメ、といったさじ加減です。こういったチラ見せテクは女性受けがいいのでおすすめ。

できればバックルの大きさやベルト幅、カラーや素材など複数所有していると便利です。ファッション全体のコーディネートによっては、バックルが大きすぎてバランスが悪かったりすることもあります。トップスがシンプル目になるなら、バックルはあまり大き過ぎないほうが無難です。

また体が細身で華奢な方も、バックルが強調されすぎると浮いて見えるので注意が必要です。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料