男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 無難+αの着こなし例

カーディガンをうまく使おう~他人とかぶらない?

今回は、カーディガンを中心とした着こなしについて紹介していきます。

カーディガンをまず一枚用意します。中に着る服としてのおすすめがシャツではなく、Tシャツです。
無難なのは無地Tシャツです。プリントものはその人の印象や雰囲気にも左右されますし、基本的には無地が一番合いやすいです。

パンツと靴は割となんでもオッケーですが、今回はデニムのパンツとスニーカーはコンバースのオールスターという設定にしてみます。
どちらもリアル店舗、ネット通販問わずに手に入りやすくてダサくなる可能性も非常に少ないアイテムの一つです。とりあえずもっておいて損はなしです。

この着こなしのポイントは、カーディガンとTシャツという組み合わせです。
普通はカーディガンとくれば、インナーにはシャツを着ます。学生の制服でもシャツの上に寒い日などはカーディガンを羽織ります。

定番だけどかぶりにくく、とても使いやすい

カーディガンとTシャツの組み合わせは、音楽のバンドのミュージシャンの方がよくされている格好です。
自分のお気に入りのTシャツに、カーディガンをされっと羽織り、デニムやチノパンにスニーカーといった感じです。

一見、それだとみんな一緒になるんじゃないかなと思いますが、この組み合わせをしても色合いやTシャツのデザインなどでまったく違ってみえます。
たださっきも書いたように、慣れない内は無地Tシャツで自分に合うカラーコーディネートを探ってみましょう。少なくとも派手な柄やプリントは避けた方いいです。カーディガンはキレイ目系の定番ファッションです。中のTシャツは少しの遊びでおしゃれ感を出すのに留めると決まりやすいです。

芸能人はその人の雰囲気と印象だけでうまくまとめるところがありますが、服選びが苦手な男性はこれを完全コピーすると全く自分に似合っていない印象になるはずです。カーディガンの色や形、靴やパンツとの組み合わせなどを参考にしていくのがいいでしょう。

予算が少なくて服選び初期におすすめ!

またこのカーディガンの着こなしはシンプルなコーディネートで、組み合わせるアイテムの数も少ないので予算もあまり高くならないというメリットもあります。
女性受けも非常にいいのですし、Tシャツ、パンツ、デニム、靴などを買えるだけで着回しが効きます。それに同じ服ばかり着ているという印象も少ないので、春や秋口にさっと着ることができるパターンを持っておくとすごい楽ですよ。

まずは、カーディガンでいいなと感じるものを買ってみる、そこからお気に入りのTシャツを見つけてみる、そして後はパンツと靴をなんでもいいので組み合わせる。

たったそれだけでこの着こなしはできますので、是非試してみてください。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料