男の服の選び方

男の服の選び方トップページへ
  1. トップ
  2. 無難+αの着こなし例

バニスターの尖がり革靴を履いたコーディネート

今回のワイルドな着こなしでおすすめしたいものは、alfredoBANNISTER(アルフレッドバニスター)というブランドの革靴です。(以下バニスター)

バニスターの革靴は、先が尖がったデザインのものが多いのが特徴です。
見た目もワイルドですし、革靴自体がどちらかといえばワイルドな印象ですので尖がっていることでよりワイルドさを強調できておすすめです。

デザインとしては皮のほつれがあったり、作りもかなりしっかりしていますし、その靴を履いているだけでかなりオシャレにもなります。

まずバニスターの靴を履いて、ワイルドさを強調します。
他の着こなしとしては、特にパンツにだけ気をつけておけばオッケーです。

パンツは、半ズボンは避けておきます。バニスターの靴を合わせる場合は、長い丈のパンツを選びます。
他には、チノパンよりも色落ちしたジーンズや、軍物っぽいカーゴパンツを選べばワイルドさをアップさせることができます。

バニスターの靴が革靴ですので、他にはベルトも皮のものを選ぶで素材を同じにするとオシャレでまとまりもできて、よりワイルドになるのでおすすめです。

今回のポイントは、まず革靴を選ぶこと。その中でもおすすめがバニスターの革靴であること。
そして、パンツは長い丈のものがいいこと、革靴に合わせて、ベルトも同じ素材や色で揃えてみることです。

このポイントを押さえていただいて、あとは自分が気にいったものを組み合わせて、ワイルドなオシャレを楽しみましょう。

ただし、極端に尖り過ぎていたり、靴が浮いたコーディネートだと女性受けは悪いです。男性目線のワイルドはときに女性のNGになりがちなのでここは注意したいです。

一点だけワイルドさが浮き出てもダメ、複数のワイルドアイテムが主張してもダメ、というのがポイント。無難なのは靴とベルトのコーディネートです。先ほど書いたように、同じ素材、色、そしてワイルドっぽいデザインでちょうどいい感じです。

利用者の多いネットショップ・サービス

メンズスタイル → 女子受け・カジュアル・コーディネート重視
メンズスタイル

細身でスタイル、カラー、柄など非常に豊富。重ね着・組み合わせなどコーディネート重視な人に必見。コーディネート事例が豊富で簡単に女子受けする服が揃います。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代前半~30代前半 きれい目・カジュアル強め 平均1万円以下
メンズスタイル 10,500円以上送料無料・試着返品可
スプートニクス → ベーシックなきれい目・女子受け・シンプル
SPUTNICKS

細身でシンプルベース。落ち着いた色・柄とスタイルで、誰もがカッコイイ着こなしができます。コーディネートが苦手な人にも一枚で決まるアイテムが多いです。

購入者年代 スタイル 価格帯
20代後半~30代後半 きれい目・ややカジュアル 平均1万円以下
SPUTNICKS 10,500円以上送料無料・試着返品可
javari(ジャバリ) → 試着返品O.K.のネット靴通販

靴屋さんで在庫のない靴もPC・スマホから簡単取り寄せ。返品も送料無料で気軽に新しいシューズを試せます。ベーシックな服装には靴でアクセントを付けると簡単オシャレ

利用者年代 スタイル 価格帯
全年齢層対象 全て対応 激安から高級まで
Javari 最短翌日届いて365日返品可能で送料無料